本文へスキップ

The Japanese School of Amsterdam

学校長挨拶

 アムステルダム日本人学校 校長  尾後貫 智
  • 〜アムステルダム日本人学校へようこそ〜
  オランダは国土の4分の1が海面下にあります。昔から、「世界は神が造り、オランダはオランダ人が造った」と言われ、オランダの人々は、自らの工夫や努力で国土を広げてきました。堤防を築き、風車によって水をかき揚げ、土地を広げてきたのです。花と緑豊かな北の大地。大空に風車が力強く回り、街を区画する運河の水辺を泳ぐ鳥たちの姿に、人々の心はいつも癒やされますが、それは人々の間断の努力により作られたものなのです。
 さて、本校は保護者の強い熱意と在蘭日本商工会議所をはじめとする大勢の皆様のご尽力と温かいご支援により、1979年にオランダ日本人学校として設立されました。その後1984年に現在の校舎に移り、1992年のロッテルダム日本人学校の開設と共に、アムステルダム日本人学校と校名を変更し、現在に至っております。次代を担う子ども達の健やかな成長を願い、学校理事会、保護者、教職員が力を合わせ、海外にある日本人学校の特質を生かしながら、信頼された学校づくりを目指してきました。
 今年度も、これまでの伝統を継承して、「強く、明るく、豊かに」を校訓とし、児童生徒一人一人の可能性を伸ばし、明るい未来を創り出す、国際人としての基盤を養い、オランダに生きる児童生徒を育成してまいります。そして、「基礎基本の定着と学力向上」「礼儀正しい子どもの育成」「国際社会に通用する子どもの育成」「家庭との連携」の4点を経営の重点に掲げ、さらに充実した学校教育活動を展開していく所存です。
 本校のホームページは、大勢の皆様に本校に通う子ども達の活動の様子や学校の様子をご覧頂けるよう毎日更新し、情報を発信しております。今後もホームページをご覧くださる皆様のご理解とご支援をいただきながら、在外教育施設として使命を果たしてまいります。

学校教育目標
校長室より
校歌
児童生徒数
日課表
学校のあゆみ
スクールカレンダー
緊急時の対応